“Made in Japan”を支える、
比類なき技術力

冷熱・空調機器のトータルソリューション企業として

アメフレックは1936年創業の、冷熱・空調機器のトータルソリューション企業です。アイスキャンディーを冷やすためのアンモニアを卸す会社として誕生してから約80年、「冷やす」から出発した私たちの事業は、「加熱・冷却・加湿・除湿・防塵」など、環境を科学で整備するべく発展してきました。そして現在、特殊な環境を必要とするお客様に、「アメフレックならではのソリューション」を提供し、“Made in Japan”のモノづくりを支える一翼を担っています。

たとえば、アメフレックの環境試験装置。日本が世界に誇る“Made in Japan”は、製品開発時に特殊環境下で過酷な耐久テストをクリアして世に送り出されています。アメフレックは、そうした耐久テストの舞台となる環境試験装置を開発・製造しています。±0.01℃単位で温度を変化させる、あるいは1%~95%の湿度を調整制御する。“Made in Japan”のモノづくりを現場で支えているのが、アメフレックの粋を結集した比類なき技術力なのです。

お客様が抱える課題に応じて、「機器販売」「製造」「エンジニアリング」の3部門が三位一体となって連携し、課題解決に全力を尽くします。ときには冷熱・空調機器の専門商社として、ときには特殊な冷熱・空調機器を製造するメーカーとして、そしてときには設計から施工管理までをこなすエンジニアリング会社として、自社完結型のソリューションを提供できるところに、アメフレックの強みがあります。食品・医薬品をはじめとする日本を代表する各種メーカーから、大学等の研究機関まで、アメフレックの取引先は広範囲にわたります。私たちの製品・技術は、日本の“Made in Japan”品質を「守る」べく、様々な場面で貢献しています。