Home > AFCトピックス  2021/04/15号



    2021.04.15 更新


  • 床置用と天井用の2タイプある  業務用小型除湿機 「ドライチェンジャー」

    アメフレックトピックス2021年04月号

  • 目次    業務用小型除湿機「ドライチェンジャー」 

      1. 床置用・天井用の仕様比較 1.床置用・天井用の仕様比較
      2. 床置用 の用途例 〔ドライチェンジャー床置型〕 2.床置型の用途例
      3. 天井用 の用途例 〔ドライチェンジャー天吊/天置型〕 3.天吊/天置型の用途例
      4. 天井用 の装置構造 〔ドライチェンジャー天吊/天置型〕 4.“天吊/天置型”ドライチェンジャーの構造
        .天井用の天吊り固定  .配線  .ドレン接続  .コントローラー

       【 カタログダウンロード 】
      ・業務用小型除湿機「ドライチェンジャー」   床置型 ・ 天吊/天置型   



  •  

       

    業務用除湿機 ドライチェンジャー とは?

    ドライチェンジャーは、安定した除湿力をもちながらリーズナブルで、
    使い勝手のよい業務用除湿機です。 床置型、天吊/天置型の2タイプ あり、用途にあわせてお選びいただけます。

    ドライチェンジャーの特長

    パワフル除湿  産業用レベルの除湿力
    コンパクト
    リーズナブル 低コスト *同等クラスの除湿機との比較
    操作性  シンプルな操作パネルで、操作が簡単。
    Made in JAPAN  国内生産 + 国内検査
     (品質はもちろんメンテナンス面も安心)


    除湿することで、結露やカビといった湿気によるトラブルを防止するほか、
    空調機負荷を軽減します。

    床置用と天井用の2タイプある「ドライチェンジャー」の導入ご検討の一助として、
    仕様比較やタイプ別の用途例、 そして、カタログにはない装置構造をご紹介いたします。


    1.業務用小型除湿機「ドライチェンジャー」床置型/天吊・天置型

    業務用小型除湿機 「ドライチェンジャー」
    床置型/天吊・天置型の仕様


    比較項目


    床置型 DAN-F060




    天吊/天置型 DAN-T060

    特長 ・ ポータブル型で設置が簡単。
    (工事不要)
    ・ 必要な時と場所で、稼働が可能。
    ・ 点検口 (450角) からの搬入が可
    ・ 省スペース (置き場所に悩まない)
    ・ 天吊り工事、ドレン排水工事が必要
    除湿能力 32 L/日 32 L/日
    電源 単相100V 50/60Hz
    コンセント電源
    単相100V 50/60Hz
    コンセント電源
    圧縮機出力 500 W 500 W
    外形寸法 W380×D530×H630
    ※高さは、キャスター含む
    W710×D372×H397
    製品質量 41.5 kg 36 kg
    排水 タンク排水
    連続排水
    連続排水
    タンク容量 約5.0L
    (約4.0でで満水停止)

    標準付属品 キャスター φ35 リモコン (リード線9m)



    ▲ ページトップへ


    2.使用事例 ドライチェンジャー「床置型」


    用途例: ドライチェンジャー「床置型」

    〔結露場所が複数存在〕
    ○ 結露が分散して発生する、大型除湿機では効果が行き届かない…
    ○ 空間をさえぎるもの(遮蔽物)が多く、除湿機の風が届かない…
    ○ 除湿が不均衡になっている…

        結露のお悩み:除湿の不均衡


    こんな時にドライチェンジャー  床置型の導入

    複数のエリアで結露が発生している場合、
    大型除湿機1台で除湿を行うより、複数のドライチェンジャーを
    結露の発生場所ごとに導入
    していただく方が、除湿効果をご実感いただけます。

    ドライチェンジャーを複数導入することにより、
    大型除湿機で行き届かない場所にも、効果を発揮することができます。

    ※ご参考 床置型の用途例 ⇒  2018年12月号

    ▲ ページトップへ


    3.


    用途例: ドライチェンジャー「天吊/天置型」

    〔天井/天井裏が結露する〕
    結露により、天井部/天井裏にカビが発生


    こんな時にドライチェンジャー  天吊/天置型の導入

     天井部や天井裏といった大型除湿機では導入が難しい場所に設置できます。
    コンパクトサイズの天井用ドライチェンジャーは、
    点検口(450mm×450mm)から、天井裏に設置が可能です。

    ※ご参考 天井裏の結露対策例 ⇒ 2020年8月号


    ▲ ページトップへ

    4.ドライチェンジャー天吊/天置型 構造紹介


     天井用の天吊り固定   
     

    本体底面の化粧板の取り外します。 (8カ所ネジ固定)



      上部から4隅の穴に吊ボルトを貫通させ、ナットを締めこんでいます。

         ダブルナット で、強度アップ





     ドライチェンジャー天井用   配線

    天井部に配線用の穴が空いています。
    上部に配線を通す場合、 背面カバーを外し、中から配線を上に穴に通してください。


     




     ドライチェンジャー天井用  ドレン接続
         

    本体底面にあるメスねじ部分に、13mmバルブソケット(オスねじ)を取り付けます。

      

     【取付時のポイント】

     水漏れを防ぐため、
     シールテープ等を巻くことを推奨しています。


     


     


     ドライチェンジャー天井用  コントローラー

    天置/天吊型のドライチェンジャーには、コントローラを付属。   ※ケーブル長 9m

        
      ●本体側面より、接続ケーブルが出ています    ●簡単に接続できます



     お知らせ 



    今回ご紹介した 業務用小型除湿機 『ドライチェンジャー』 は、
    安定した除湿力とコンパクトさ、そしてローコストながら安心の国内生産と、
    導入しやすい除湿対策として定評があります。

    これから、気温も上がり、湿度も高くなる季節に向けて、
    一足早い除湿対策に、『ドライチェンジャー』の導入をどうぞご検討ください。
    商品についてご質問や見積もりなどございましたら、 お気軽にお問合せをお願いします 。

    ▲ ページトップへ

    資料ダウンロード


    除湿機 床置
    小型業務用除湿機 床置きタイプ「ドライチェンジャー 」
    小型業務用除湿機 床置きタイプ「ドライチェンジャー 」製品カタログ PDFダウンロード


    除湿機 天吊/天置
    小型業務用除湿機「ドライチェンジャー 」天吊/天置タイプ
    小型業務用除湿機「ドライチェンジャー 」天吊/天置タイプ製品カタログ PDFダウンロード



    ▲ ページトップへ

    お問い合わせ

    フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

    恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


Page top