Home > AFCトピックス  2020/9/11号



    2020.9.11 更新


  • 適切な換気で、“密閉空間を避ける”
    質の高い給気に 省エネ型 外気処理空調機「エコチェンジャー」

    アメフレックトピックス2020年9月号

  • 目次

      1. 換気の必要性 換気の必要性
      2. 換気の種類 換気の種類
      3. 新鮮な外気導入と適切な給気 新鮮な外気導入と適切な給気
      4. 質の高い給気に「エコチェンジャー」 質の高い給気に「エコチェンジャー」

      【 カタログダウンロード】
       質の高い給気&低湿な環境をつくる
       省エネ型 低露点外気処理空調機 「エコチェンジャー」  製品カタログ



  • 1.換気の必要性

     

    お知らせ 

    新型コロナウイルスの感染拡大予防として、
    「3密 (密閉 ・ 密集 ・ 密接)」を避けることが常識となり、
    「密閉空間」を避ける方法として “換気” が推奨されています。

    部屋の空気を入れ替えること」 が “換気” です。

    “換気” をすることで、 室内の汚れた空気を外に出し、
    新鮮な空気を屋内に取り入れ、部屋の空気環境を良好に保っています。

    閉めきった部屋(密閉空間)では、
    二酸化炭素の濃度が濃くなったり、細菌やウイルスが増えたりと
    汚染物質がずっど室内に存在することで、人に悪い影響を及ぼすことにつながります。
    汚れた空気を外に出したり、薄めたりするために新鮮な空気を取り入れる “換気”は必要です。

    今回は、換気対策にかかせない 新鮮な外気を室内に入れる=「外気導入」に注目し、
    空調機負荷を減らしながら省エネに適切な屋内環境をつくる 「質の高い給気」 をご紹介します。



    ▲ ページトップへ


    2.換気の種類


    換気には、窓などを開けて行う 「自然換気」 と、
    ファンなどを用いて行う 「機械換気 (強制換気)」に分けられます。

    自然換気」は、風や温度差などにより、室内の空気が入れ替わることで、
    天候や風力といった自然現象によるもののため、換気量は一定していません

    機械換気」は、ファンなどの機械により強制的に給排気を行う換気で、
    より確実に換気量を確保します。




    オフィスビルなどでは、通常は省エネを考慮し外気導入量を絞って、
    必要な換気量を満たす運転をしています。
    外気を多く取り入れると冷暖房効率は悪くなりますが、
    感染予防のための密閉空間を回避する “換気” では、
    業務に支障をきたさない範囲で 外気導入量を増やすことで、換気効果は高められます。

       感染予防において推奨されている換気量

       機械による換気の場合、 必要換気量は 一人あたり毎時30m3
       自然換気の場合は、 換気回数を毎時 2回以上

       

    ▲ ページトップへ


    3.


    換気対策を適切するのにかかせない「外気導入」
    外気をそのまま室内に取り入れると、冷暖房効率は悪くなることから
    外気処理空調機 処理した新鮮な空気 を取り入れます。

    特に夏場は、“高温多湿な外気” は熱負荷が大きく、空調機への負荷がかかったり、
    温度差による結露が生じたりすることから、“低湿な空気” へと処理してから室内に送り込む、
    いわば「質の高い給気」が必要となります。
    外気処理空調機で処理した低湿な空気を給気することで、屋内の温湿度制御の安定や、
    結露の抑制ができます。

    「質の高い給気」 として外気を導入できる 外気処理空調機 の性能を追求し、
    高効率で 省エネ性を高めたのが
    顕熱交換機搭載の省エネ型 低露点外気処理空調機「エコチェンジャー」です。



    • “エアコン” や “空気清浄機” の換気効果は?

      エアコンやパッケージエアコンのほとんどは、空気を循環させるだけで 換気を行っていません。
      換気効果を求めるなら、 窓を開けたり、換気システムの運転を行う必要があります。


      一般的な空気清浄機では、機械を通過する空気量が 部屋の空気を入れ替える換気量に比べて少ないことや、 性能の幅もあることから、それだけに頼るのではなく 通常の換気を行うことがコロナ対策では推奨されています。



    ▲ ページトップへ


    4.“質の高い給気に” エコチェンジャー


      ドライチェンジャー事例:設置前

    最適な外気導入&低湿な環境をつくる
    省エネ型低露点外気処理機『エコチェンジャー』

    新鮮な外気導入には、“高温多湿な外気” を “低湿な空気” へと処理してから室内に送り込む 「質の高い給気」を行うのに最適な外気処理空調機としてご紹介するのが、 省エネ型 低露点外気処理空調機 「エコチェンジャー」 です。

    ポイントは、「予冷」と「再熱」を高効率に熱交換すること

    省エネ型 低露点外気処理空調機「エコチェンジャー」は、
    搭載の顕熱交換器により、「予冷」と「再熱」を高効率に熱交換することで
    省エネに、低湿環境をつくります。





    食品工場やクリーンルームなど 高い清浄度が求められる場所において、
    エコチェンジャー」 は 実力を発揮します。
     ・ 低温環境の室内に、安定して低湿空気を供給  〔結露を抑制〕
     ・ 大量の排気が行われる室内に、質の高い外気を導入し、室内を陽圧に保つことで、
       外から虫や浮遊塵の侵入を防ぎます

    「エコチェンジャー」 の 主な用途

      温湿度制御エリアへの外気供給
      陽圧化 (加圧給気)
      室内湿度 40%RH〜60%RH (除湿・結露防止)

    ※高精度な外気処理が必要とされるクリーンルームや食品加工場、冷蔵倉庫(荷捌所)などに最適



    空調機本体と冷凍機が 一体型

    低露点外気処理空調機「エコチェンジャー」は、空調機本体と冷凍機が一体となっており、
    冷媒配管工事は不要です。  *ダクト工事、電気工事は別途必要です。 エコチェンジャー設置事例


     お知らせ      


    室内環境を一定に保つ必要がある空間において、
    外気を取り入れる “給気”はとても重要です。

    給排気機器の導入、結露やカビなどでお悩み、
    そして商品についてのご質問や見積もりなどございましたら、
    お気軽にお問合せください。


    アメフレックは、 アメニティ(快適)・フレッシュ(新鮮)・リーン(清潔)の 3つのキーワードに由来しており、 快適・新鮮・クリーンな環境づくりをサポートする製品の開発や 情報の提供を強みとしています。  お客様がかかえる課題に特化したソリューション製品をご提案いたします。



    ▲ ページトップへ

    資料ダウンロード

     質の高い給気&低湿な環境をつくる
     省エネ型 露点外気処理空調機「エコチェンジャー」

     ECU エコチェンジャー製品カタログ エコチェンジャー製品カタログ PDFダウンロード

    質の高い給気に 低露点外気処理空調機「エコチェンジャー」
    低露点 外気処理空調機「エコチェンジャー」  製品詳細ページへ

    ▲ ページトップへ



    お問い合わせ

    フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

    恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


Page top