Home > AFCトピックス  2017/11/20号



    2017.11.20 更新


  • ビル空調における カビや浮遊菌対策の切り札!
    空調システム用高出力紫外線殺菌灯 「ステリル・エアー」

    カビや浮遊菌対策の切り札!

  •   目次
      
      1. 空調機 “内部の恐さ” をご存じですか? 
      2. ステリル・エアー 〔空調機用紫外線殺菌灯〕 とは? 
      3. 2つの導入メリット  
      4. 導入実績 〔用途&採用施設〕 
      
      【おすすめ商品】
      ビル空調のカビ・ウイルス・浮遊菌対策に切り札!
      空調システム用高出力紫外線殺菌灯 「ステリル・エアー」 



  • 1.空調機内部の“恐さ” をご存じですか?


           

    “空気調和” とは

    “空調機”という言葉をよく使いますが、これは「空気調和機」を簡略した言葉で 空気を調和するための機器のことです。

    そして “空気調和”とは、ある室内や空間における 空気の温度、湿度、清浄度を調整するということです。 具体例としては、新鮮な外気を導入して室内の二酸化炭素の濃度を下げたり、臭気を取り除いたりすることがあげられます。


    空調機は、フィルタ・熱交換器(冷却コイル)・加湿器で構成されており、
    適切に処理した空気を送風することで 室内環境を調整しています。

    密閉性の高い建物が増えた現代では、室内環境の衛生管理は重要な課題 となり、
    空気調和機(空調機)は、大きな役割を担っています。


    しかし・・・


     
    空調機内部の汚れ

    暗く湿った空調機の内部は、
    カビや細菌など微生物のすみかとなりやすく
    実際のところ、室内の空気を汚染する温床 となっています。

    建物に設置されている空調機が、カビや細菌を増殖させ
    拡散させる媒介
    となり、そして 院内感染やアレルギー・臭気の
    要因になってしまう という恐ろしいことに。。。


    今回は、この空調機 内部の汚染源となる微生物対策として
    海外でも注目されているステリル・エアー〔空調システム用紫外線殺菌灯〕をご紹介していきます。
    浮遊菌対策でお困りのご担当者さま必見です。


       空調機 と エアコン のちがい

      外気を導入して空気調和をする空調機とちがい、
      エアコンは外気を導入する仕組みがなく、室内の空気を循環させています。


    外気を導入できる空調機は、一酸化炭素や二酸化炭素、揮発性有機化合物の濃度を低くできることから、エアコンより空気環境を調整できる要素が広くなります。 一方、室内の空気を吸い込み、フィルターを通ってコイルで熱交換され、冷温風を室内に吹き出すことをくり返すエアコンでは、室内の二酸化炭素の濃度を下げるために 換気が必要となります。



    ▲ ページトップへ



    2.ステリル・エアー〔空調機用UV-C(紫外線)殺菌灯〕とは?


         
    ステリル・エアー
    〔空調機用 紫外線殺菌灯〕

    ステリル・エアー 〔空調機用 紫外線殺菌灯〕 は、
    紫外線の殺菌技術(UVGI)を応用し、
    空調設備内に設置するために開発された紫外線ランプです。


    超高出力の紫外線を照射することで、 空調機内部や冷却コイルのカビ、微生物、ウイルスを除去します。
    そして、コイルやフィンが導入初期のような状態を取り戻します。

    また薬品や洗剤を使わないので、安全・安心です。






    強力なUV-Cで殺菌する “ステリル・エアー”のしくみ


    1.超高出力の紫外線が、冷却コイルにへばりついたカビや微生物のDNAを
      直接破壊し、死滅させます。そして死骸が結露水とともにコイル面から剥がれ落ち
      コイルは清潔になります。

    2.ダクト内部では、クリーンエアーが循環することで、カビの餌となる微生物が死滅し、
      カビの増殖が抑えられ、清浄な空気を屋内へ供給することができます。



    空調システム用UVC殺菌灯 Steril-Aire社(ステリル・エアー)

    ※ 紫外線の作用
      細胞内の核酸に紫外線が照射されると、核酸は化学変化を起こし新陳代謝が障害され
      増殖能力を失います。さらに照射量が多くなると原形質が破壊され死滅します。
      この紫外線の強力な殺菌作用で、ウイルスや微生物を死滅させます。





    紫外線殺菌の長所

     1. 菌に耐光性を作らない

       紫外線殺菌灯の殺菌力は日光の1600倍にも達します

     2. 対象物にほとんど変化を与えない
       薬品処理と違って残留性がないため二次処理が不要です。

     3. 残留物や環境ダメージがない
       ランプには水銀、オゾンの使用もしておりません。

     4. 処理時間が短い
       インフルエンザウイルス2秒  黒カビ240秒  (*)

    * 殺菌灯との距離30cm・風速2m/秒・温度10℃・紫外線照射強度:1650W/cm2の条件で、
      42インチSEタイプ使用時の冷却コイル面に付着の微生物死滅時間(推定値)です。



    ▲ ページトップへ






    3. ステリル・エアーを導入する2つのメリット


    これまで高圧高温洗浄水を噴霧しても除去することができなかった
    空調機のコイルに付着した汚れ(カビや微生物がつくる粘性をもつバイオフィルムや、
    加湿水のスケールによる目詰まり)の対策として、 空調システム用紫外線殺菌灯
    “ステリル・エアー”
    を導入することにより得られる2つのメリットをご紹介します。



    室内空気質の改善

       コイルの付着菌(カビ・細菌・ウイルス)を除去することで、
       屋内へ流出する浮遊菌が大幅に減少します!


        ※ 浮遊菌・・・空気中に浮遊している微生物のこと。

     

    省エネ(平均約20%)

       コイル表面のバイオフィルムを除去され、目詰まりが改善することで、
       設備設置時の熱交換効率に復旧することで、熱源負荷を軽減します!





    さらにこんなメリットも


    • Eco-SAM エコサム  ・ 浮遊菌を防ぐことで、院内感染を予防
       ・ 清掃費の削減 〔冷却コイル・ドレンパンの清掃費削減〕
       ・ 冷却コイルなど、空調設備の寿命延命
       ・ フィルタの寿命延命、交換頻度削減








    ▲ ページトップへ



    4. 導入 〔用途&採用施設〕


    空調システム用紫外線殺菌灯 “ステリル・エアー” は、下記の導入実績があります。


    国内実績
    ・卸売市場  〔室内の空気質の向上、 設備の延命等〕
    ・国立博物館  〔収蔵庫のカビ除去による文化財の保存〕
    ・病院  〔院内感染の予防〕
    ・図書館  〔カビの生えない環境造り〕
    ・食品工場 〔浮遊菌対策〕



    海外実績
    ・文化財保存施設 〔図書館、司法省書庫、美術館など〕
    ・食品工場
    ・製薬工場
    ・ショッピングモール
    ・米軍施設、艦船、国連本部、FBI本部
    ・公共施設




    空調システム用紫外線殺菌灯 “ステリル・エアー” の製品仕様につきましては、
    どうぞお気軽にアメフレックまでお問合せください。




     


    ▲ ページトップへ



     


    •  ビル空調のカビ・ウイルス・浮遊菌対策に切り札!
       空調システム用 紫外線殺菌灯 「ステリル・エアー」


       空調システム用紫外線殺菌灯 「ステリル・エアー」カタログ 空調システム用高出力紫外線殺菌灯「ステリル・エアー」製品カタログ PDFダウンロード



       ステリル・エアー製品の詳細はこちら ⇒ 【ステリル・エアー製品紹介ページ】



お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


Page top