Home > AFCトピックス  2017/6/13号



    2017.6.13 更新


  • 工場の結露対策に新提案!
    省エネ&快適性を追求した 「エコチェンジャー」


  •   目次
      
      1. 食品工場の現状 
      2. “エアコン” と “お冷” の関係 
      3. 食品工場もどんどん温度を下げよう? 
      4. エコチェンジャーは、さらに ひと工夫 
      
      【おすすめ商品】
      結露対策に! 低湿外気処理ユニット「エコチェンジャー」



  • 1.食品工場の現状

     

    多くの食品工場における課題の1つに 「結露とカビ」 があります。

    機械からの蒸気、食品からの湯気、
    洗浄作業中の霧や洗浄後に残った水分 ...

    工場内にはさまざまな水分が存在し、
    冷却した空気を循環しても取り切ることはできません。

    過去の記事(2017/3月号)でも紹介しましたが、
    「水分」・「温度」・「栄養分」 の条件がそろうことでカビが繁殖します。

    たとえ機械からの蒸気をなんとかしようとして機械をフードで囲い排気を行ったとしても、
    蒸気や熱を完全に取り除くということは難しいです。



    また「排気」というものは、排気するほど「給気」が必要です。
    屋外の空気 (外気) をそのまま取り入れると夏場は多湿となってしまうことで、作業環境は不快なものとなり、 カビ発生の危険性が高まることで衛生面も不安になります。

    だからといって根本の解決でないとわかっていながら、
    スポットエアコン等で空気の循環させてしのいでいるという工場様が多いのではないでしょうか。




    ▲ ページトップへ




    2.“エアコン” と “お冷” の関係

     

    目に見えない「空気中の水分」 を知る


    少し話はかわりますが、 “ エアコンの冷房運転 ” は、
    室温を下げるとき、空気中の水分を除去しているということをご存じでしょうか?

    夏場、冷房運転中のエアコンの室外機あたりで
    ” がチロチロと出ているのを目にしたことがあると思います。
    これはエアコンの冷やす仕組みになりますが、空気が冷える過程で
    室内にあった 「空気中の水分」が 「」 に変化したものが、 この水の正体です。
    (一部のメーカーのエアコンを除きます)

    エアコンの冷やす仕組みを知らなくても、
    実際に経験から エアコン = “ 乾燥 ” というイメージをお持ちの方は多いと思います。





    では、冷房の効いた室内でも、 氷がたっぷり入った "お冷" をおいてたら、
    グラスにびっしり水滴がついてて あたりも水びたし・・・
    こんな経験ありませんか?

    乾燥を感じるくらいよく冷房が効いた部屋でも、冷たい水が入ったグラスの表面に水滴がつき、結露することがあります。 これはエアコンで取りきれなかった空気中の水分が、室内より温度が下がったグラスで冷やされたことで、水適(結露)としてあらわれたものです。
    このように温度を下げれば下げるほど、空気中の水分は「水」として取り出すことができます。



    • 低湿外気処理ユニットエコチェンジャーメモ   空気を 温度と湿度 でイメージする!

       

        空気の性質として、温度が高いと容積が大きく、 低いと容積が小さくなります。
        上の図は、空気を「水分を入れる容器(バケツ)」としたとき、
        温度の上下によるバケツの大きさの変化と、
        同量の水分が入ったときの水分の割合(湿度)の違いをイメージしたものです。


        エアコンの“冷やす”をイメージをしてみましょう。
        すると、下のようなイメージになります。 詳しくは第3章にて説明します。
          




    ▲ ページトップへ




    3.食品工場もどんどん温度を下げよう?

    話を、食品工場にもどします。

    温度を下げれば湿度がとれるなら、湿気を取りたいとき
    「 外気からとり込む空気 ( 給気 )を エアコンで極限の温度に下げてみてはどうか? 」
    との考えが浮かびます。





    しかしエアコンには冷やす限界があり、温度を下げれたとしても18℃ほど。
    低温域に対応したエアコンを使ったとしても15℃ほどが限界です。

    そこで登場するのが 「冷凍機」 といわれるものです。
    業務用の冷蔵庫や冷凍庫の冷却に使われる機械で、冷凍機の冷える仕組みは家庭用エアコンと変わりませんが、 より低温域まで冷やせ、空気中の水分をさらに取ることができます。



    が、 ここで問題がでます。
    温度33℃・湿度60%の空気を、温度9℃に下げると、湿度は ほぼ100%になります。
    いますぐにでも水分が水に変わる状況です。






    そこで ヒーターで温めます。
    すると空気中の水分量は変わらず、温度だけが上がるので湿度は下がります。
    この「冷凍機とヒーターで除湿する」ことを、冷却除湿 といいます。






    ▲ ページトップへ



    4.エコチェンジャーはさらにひと工夫
     


    エコチェンジャーは 「熱エネルギー」に注目


    第3章で説明した 冷却除湿 で除湿すると、
    一度冷却したものをわざわざヒーターで温めることから、電気代がかさむことが容易に想像できます。

    過冷却して再熱する冷却除湿より、除湿の効率化をはかるものとして開発されたのが
    当社の 低湿外気処理ユニット 『エコチェンジャー』 です。

    エコチェンジャーが高効率な除湿を可能にしたカギは、搭載している空気熱交換器にあります。
    この熱交換器は、空気の入口が2ヵ所・出口が2ヵ所あり、2つの異なる空気の温度を熱交換することができます。

    温かい空気は冷たく、冷たい空気は温かくチェンジ

    熱交換器が、2つの気流を効率よく熱交換




    エコチェンジャーでは、高温高湿の外気を「冷凍機で冷却」する予冷と
    冷却された空気を「ヒーター加熱」する再熱を、 搭載の熱交換器で高効率に熱交換する外気処理空調機です。

    外気処理ユニット「エコチェンジャー」導入のメリットは、低温、低湿化を効率的に実現できることです。

    例えば、
    ・ 冷凍機を小さくすることができる。
    ・ それに伴いランニングコストが低減するなどの省エネ性
    ( ヒーターの有無は、お客様の要望される温度と季節により調整 )



      エコチェンジャーの用途

      ・陽圧化 (加圧給気
      ・室内湿度40%RH〜60%RH (除湿・結露防止
      ・温湿度制御エリアへの外気供給




    新規設備導入や設備更新をお考えの場合や、工場内の結露でお困りでしたら、ぜひご相談ください。
    現場確認の上、マッチング機種をご提案させていただきます。

    低湿外気処理ユニット「エコチェンジャー」の製品仕様につきましては、
    どうぞお気軽にアメフレックまでお問合せください。

     


    ▲ ページトップへ



     




お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


Page top