Home > AFCトピックス  2017/1/10号



    2017.1.10 更新


  • 鉄製のガードレールはもう古い!?
    ガードレールを更新することで 防げること


  •   目次
      
      1. 現場の安全を守る“ガード材” こんなお悩みありませんか?
      2. 百聞は一見に如かず、 特長を動画でご紹介
      3. “樹脂製ガードレール” 5つのメリット
      4. MPMガードレール 売れ筋は “この5アイテム” です

      【おすすめ商品】
      MPMガード材各種   〜“人” や “設備” を守る備えは大切です〜
      樹脂製ガードレール姉妹品の壁面ガード」・「コーナーガード」・「バンパー」・「R巾木



  • 現場の安全を守る“ガード材”の こんなお悩みありませんか?

    「安全ポールを立て直したいけど、ぶつけるたびに直すのも・・・」
    「ガードレールで、壁は守れるけど、リフト側にキズがつく・・・」
    「フォークリフトの衝突で、ベースがアンカーごと抜けてしまい床補修まで必要・・・」

    現場の安全を守ってられるご担当の方からよくご相談いただくお悩みです。


    5Sの徹底で安全な職場
    多くの企業で “5S” が実践され、労災を防ぐ努力が日々行われています。
    そのような背景の中で、 物流や工場・倉庫などの管理担当者は、人の教育と並行して、
    現場の安全を守る設備の対策に追われていることと思います。

        
      現場の安全を守るための 課題
    1. 人や設備、フォークリフトなどの車両を安全にガード
    2. 丈夫で長持ちし、コストパフォーマンスがよい
    3. 現場スタッフに “注意喚起”をうながせる目立つもの

    こんなお悩みを抱えてられる方に、朗報です!

    人や設備、車両を安全にガードでき、存在感あるカラーで注意喚起をアピールする
    うれしいガード材 「MPM ガードレール」 シリーズをご紹介します。
    もちろん、コストパフォーマンスへの課題もクリアしています。



    ページトップへ↑




    百聞は一見に如かず、 特長を動画でご紹介

         

    MPMガードレールは、樹脂を利用した物流倉庫向けガード材です。
    現在、日本で普及しているガードレールのほとんどが 鉄もしくはステンレス製のもので、 この材質が違いが、一番の大きなポイントになります。

    では、樹脂製のガードレール、
    金属製のガードレールに比べ何がよいのでしょうか???


    百聞は一見に如かずということで、 まずはこちらの動画をご覧ください。


     【MPMガードレール】 シリーズ各種の衝撃試験映像

    ※注意 動画には音声があります。スピーカーの音量にはお気をつけください。

     

    いかがでしたでしょうか?
    衝撃に対し、金属製にはない吸収性反発性をご確認いただけたと思います。




    ページトップへ↑



    “樹脂製ガードレール” 5つのメリット!

      

    上の動画で、MPMガードレールという樹脂製ガード材ならではの
    金属製にはない吸収性反発性などの特長をご覧いただきました。

    樹脂製ガード材 「MPMガードレール」 の特長により生まれる
    5つのメリットを下記にまとめてみます。


    【衝撃吸収性に優れている!】

    衝突時に 「たわみ」 が発生することで、衝撃を吸収します
    またガードレールで一番弱いとされるアンカー部分にかかる衝撃が和らぎ、
    損傷がかなり少なくなります

    【対物へのダメージを軽減!】

    衝撃を吸収するので、 フォークリフトなど衝突側へのダメージも軽減し、傷がつきにくい

    【錆び、塗装剥げがない!】

    ガード材の素材が樹脂なので、錆びたり、塗装の剥がれがありません

    【意匠性・施工性の良さ!】

    鮮烈な色と洗練されたデザインのイタリア製ガード材は、視覚的な衝突防止対策になり
    施工も、アンカーボルト固定で簡単に施工できます

    【長期的なコストメリット!】

    イニシャルコストは、鉄製のものに比べ高くはなりますが、
    修理費用等を考えると、長期的な視野でコストメリットが出せます


     樹脂製MPMガードレール
    樹脂製MPMガードレール

    以上 5つのメリットがある 樹脂製MPMガードレールは、
    これまでに 工場や物流倉庫、 農業・畜産関係施設、
    大型エレベーター
    など多くの現場に設置されています。

    ゲートや搬入搬出経路の安全対策をはじめ、
    人と車両の動線区分け、人の侵入禁止場所区分け
    人や物(商品や設備)を守るためにご採用いただきました。

    樹脂製ガードレールを、さまざまな場所や用途でお使いいただけるよう
    製品のラインアップは豊富で、支柱の太さやレールの長さを現場に合わせて選定いただけます。




    ページトップへ↑



    MPMガードレール 売れ筋は、 “この5アイテム”

    樹脂製ガード材「MPMガードレール」は
    設置場所や用途に応じて多数のラインアップあり、現場にあわせたものを受注生産して
    お届けしています。 今回は、その中から、売れ筋ラインの5製品をご紹介します。

    売れ筋製品の共通の導入ポイントは、 「衝撃を吸収する“たわみ”」 「注意喚起する黄色」 です。



    ポールガード[ GRDシリーズ  90/150]

    ゲートやエントランス用プロテクター  搬入出口付近に最適のポール状ガード
    高さは4種類 (H250/500/800/1100mm)

    ポールガード[ GRDシリーズ 90/150]
    搬入口の横部分は、車両衝突が多い場所!ぶつける前の注意喚起をうながす対策に!

     




    ガードレール[ GRシリーズ 90/150]

    パレットトラックや台車との衝突防止に  人と車両のエリア分けにも最適
    レール長さは6種類 (W500/1000/1500/2000/3000/4000mm)

    ガードレール[ GRシリーズ 90/150]
    ガードレールのたわみで衝突の衝撃を軽減! 衝突物双方のダメージも低減!

     




    ガード柵[ ペデストリアン PEシリーズ]

    人と車両のエリア分けや、動線確保に最適です。

    ガード柵[ ペデストリアン PEシリーズ]
    動線を確保すると、思わぬ事故を防ぐだけでなく、歩行者、車両共に作業効率が上がります!

     




    U型ガード[ フェンス FEシリーズ]

    ラックエンド用プロテクター 長さは2種類(W1100/2400mm)

    U型ガード[ フェンス FEシリーズ]
    パレットトラックやフォークリフトの衝突からラック側面を守ります!





    ラックガード[ RPシリーズ]

    ラック棚の支柱用のプロテクター  簡単に取付でき、倉庫内の注意喚起にも一役!

    ラックガード[ RPシリーズ]
    ラック棚の支柱に、はめ込むだけの簡単施工! (耐衝撃タイプには専用工具あり)



    ラックガードの施工はこちらの動画でご確認いただけます
    ↓↓
     


     

       


    今回は、鉄製ガードレールはもう古い!? ということで
    樹脂製のMPMガードレールを取り上げました。

    樹脂製ガード材 「MPMガードレール」は、機能性・施工性・意匠性に優れた製品です。 またイタリア製ということで、日本市場ではなかなか見かけない新鮮な製品群になってます。
    ご興味をいただきましたら、どうぞお気軽にアメフレックまでお問合せください。

     


    ページトップへ↑


     


    •  現場の安全を守る 「MPM 樹脂製ガード材」 シリーズ
        
      〜“人” や “設備” を守る備えは大切です〜 

    •  ガード材を更新して安全対策を! 衝撃吸収&衝突予防
       

      MPMガードレール
      総合カタログ
      MPMガードレール
      MPMガードレールPDFダウンロード


      MPM 壁面ガード・R巾木
      総合カタログ
      MPM壁面ガード・大型R巾木
      MPM壁面ガード・大型R巾木PDFダウンロード


      MPMバンパー
      総合カタログ
      MPMバンパー
      MPMバンパーPDFダウンロード


      MPMラックガード
      MPMラックガード
      MPMラックガードPDFダウンロード

      MPMコーナーガード
      MPMコーナーガード
      MPMコーナーガードPDFダウンロード


    • MPMガード材 製品詳細へ



お問い合わせ

フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。


Page top