Home > 会社概要・採用 > 沿革 (アメフレックの歩み)

アメフレック 沿革


    アメフレック 沿革  (更新: 2016.7.15)

1936年 2月
薮内由松、大阪市西区にて(合名)二幸商店を設立。
1955年 12月
株式会社に改組。薮内由松、代表取締役に就任。
1967年 11月
神戸支店開設。
1968年 10月
     11月
本社ビルを大阪市北区豊崎へ新築移転。
高松営業所開設。
1972年 11月
広島営業所開設。
1974年 11月
金沢営業所開設。
1979年 3月
和歌山出張所・松山出張所開設。
1979年 12月
薮内由松、代表取締役会長に就任。  土山勝保、代表取締役社長に就任。
1980年 11月
業務拡大に伴い、社名を株式会社薮内に変更。
1986年 6月
昭和アルミとの合弁会社「株式会社プロデック」を 東京都墨田区に設立。
(資本金6,000万円)
1986年 11月
第三者割当増資を実施。資本金1億9,329万円。
1987年 4月
薮内由松会長、勲五等瑞宝賞を受賞。
1988年 3月
新資本金2億3,379万円。
1990年 11月
尼崎市立花に「メッセ立花」を開設。 (現本社所在地)
富士テスター株式会社を買収。
1991年 4月
資本金を7億9,779万円に増資。
1991年 10月
資本金を9億3,529万円に増資。
1992年 4月
社名を「株式会社アメフレック薮内」に変更。
1997年 4月
社名を「株式会社アメフレック」に変更。
株式会社プロデックを吸収合併し、株式会社アメフレック 東京支社として開設。
1998年 10月
富士テスター株式会社を吸収合併し、 富士テスター事業部として開設。
2000年 11月
大阪本社において、ISO14001の認証取得。
2001年 4月
富士テスター事業部を東京製作所に名称変更し、和光市に新工場を建設。
新会計基準に即した会計処理に移行。
2003年 1月
北関東と一宮にサテライトオフィス(SO)を開設。
2005年 8月
株式会社エス・ビー・プラント と資本提携。  一宮SOを中部SOに名称変更。
2006年 2月
東京支社 製品グループにおいて、ISO9001の認証取得。
2006年 6月
土山勝保、代表取締役会長に就任。  土山勝史、代表取締役社長に就任。
2006年 10月
共立冷熱株式会社に資本出資。
2007年 4月
中部SOを中部営業所に名称変更。
2008年 3月
三栄技研株式会社をアメフレックグループ企業に迎える。
2009年 4月
株式会社エス・ビー・プラントを吸収合併し、エスビープラント事業部として開設。
2009年 10月
エスビープラント事業部 関西事業部を、メッセ立花に開設。
2010年 7月
関西工場を開設。
2011年 2月
インド デリーに新会社を設立。  (AMEFREC TRADING PRIVATE. LIMITED.)
2011年 9月
中国 蘇州に新会社を設立。
(愛美富来客空調設備有限公司  AMEFREC SUZHOU CO., LTD )
2012年 4月
高松と松山を統合し、四国営業所を開設。
2012年 6月
TOKYO COREを開設。
製造本部 関東工場、 機器販売本部 関東営業、三栄技研(株) を集結。
2012年 7月
機器販売本部・製造本部・エンジニアリング本部の3本部体制となる。
新体制に伴い、エスビープラント事業部を エンジニアリング本部へ名称変更。
2013年 2月
エンジニアリング本部 関東事業部 を埼玉県所沢市に移転。
2013年 6月
本社を兵庫県尼崎市に移転。神戸支店を本社に統合。
2014年 4月
京都支店を本社に統合。
2015年 1月
本社に、製造本部 営業部 関西営業課を新設。
それに伴い、製品営業部は、製造本部 営業部 関東営業課に名称変更。
2015年 10月
TOKYO CORE(東京コア)を改め、 「東京本社」として開設。 
これにより「大阪本社」と合わせ両本社体制に移行。  →詳細
2016年 7月
株式会社中冷山口(山口県防府市)と資本提携し、アメフレックグループ企業に迎える。

Page top